葛西臨海公園の写真 葛西臨海公園 葛西臨海公園の写真
 
 
葛西臨海公園の写真 葛西臨海公園の写真
 
葛西臨海公園の写真
 
葛西臨海公園の写真
1st season ・#1#2#3#4#5#6#7#8#9 / 2nd season / 3rd season / 4th season
links / wall paper / potopota / photo gallery / movies / bbs / index

somewhere over the rainbow


東京に戻ってきた。有楽町線とJR京葉線を使ってここまでやってきた。駅を出ると公園の入口だ。敷地内といってもいいくらいだ。大きな噴水が真ん中にドーンとある。出店もあるし、左にはバス乗り場がある。とてもわかりやすい。カップルやら家族連れやら様々だが、デジカメ持ったお兄ちゃんは自分くらいか。この和気あいあいな雰囲気がどことなく「東京Walker」系遊び場といった感じだ。

こういう公園では素直に「抜けの良さ」を追求したい。例えば、公園内の軽食ラウンジでナポリタンあたりを注文してみるのが案外合う。一方、飲み物は炭酸系に尽きる。グラスにレモンが刺さったコーラや、クリームソーダなんかいい。また、デザートにもややこだわりたいところ。気持よく外で味わうのが一番いいかと思う。自転車売りのアイスキャンディーがよく似合うんじゃないだろうか。シューアイスなんか選ぶと、ちょっと育ちの違いを醸し出すに違いない。アイスモナカなどは渋好みか。逆にソフトクリームは明らかにミスチョイスだ。見た目の派手さに気を捕われてしまうが、実は溶けやすく結構ベタつく。天気のよい晴れた日には不似合いだ。クリームソーダ(インドア)はOKでソフトクリーム(アウトドア)はNGという、この辺の頃合いが大事だと僕は思う。

駅前から伸びるメインの道は中ほどで三股にわかれる。浜辺に出ることにした。浜辺の手前にはガラス張りの建物があり、展望台の役割になっている。透明感たっぷりで、こういう場にはよく合っている。コテージの前に広場があるが、ここよりもむしろ 、橋を渡った先にある西なぎさの方へ足を運ぶ人が多いようだ。真ん中を突っ切って、僕もそっちへ行ってみることにした。

最近ようやく人にカメラを向け出したが、やはりちょっと後ろめたい。こっそりと後ろから撮ったその写真には、還暦に届いて間もない風の夫婦が映っていた。 どんなに若いカップルよりも、僕にはこの二人が一番ムード満点に見えた。この歳になっても手をつなげるというのがいい。探している臨海広場が見つからなくても、その都度、何かトゥルーな雰囲気のする写真を撮って帰りたいという気持で毎回散策をして来たが、このような写真はまさにトゥルーな一枚。これはこれでまた、僕の求めていたものなのかもしれないと、浜辺を後にし、駅前左のバス停で都営バスを待ちながら感慨に耽っていた。
葛西臨海公園の写真
 
葛西臨海公園の写真