photo gallery logo
onedaytickettolove site logo
海岸散歩ポトポタロゴ
library

←←ポトポタのトップページへ戻る

神奈川県
江ノ島神社〜片瀬西浜〜鵠沼新着!
二宮袖ヶ浦海岸
国府津駅前〜海岸
小動岬〜腰越漁港〜片瀬海岸
北鎌倉・明月院〜東慶寺
極楽寺・成就院〜長谷〜由比ガ浜
稲村ガ崎3丁目・音無橋近辺
茅ヶ崎サザンビーチ・湘南祭'04
デニーズ葉山森戸店〜旭屋牛肉店
〜桜山トンネル

秋谷港〜秋谷の立石〜マーロウ
鶴岡八幡宮/第46回鎌倉まつり
腰越/満福寺・義経慰霊祭
茅ヶ崎サザンビーチ〜辻堂
鎌倉高校前・あすなろ〜腰越漁港
逗子海岸〜サブマリン・ドッグ
段葛〜若宮大路〜由比ガ浜〜材木座
稲村ガ崎・MAHALO DELI〜七里ガ浜
江の島サムエル・コッキング苑
境川/
第18回江の島ドラゴンボートレース


千葉県
稲毛海岸〜検見川浜/後編
稲毛海岸〜検見川浜/前編
保田海岸〜上総湊海岸
上総興津海岸〜おきつトンネル
〜守谷海岸


東京都
若洲海浜公園
お台場海浜公園
夢の島マリーナ

menu footer
矢印徒歩や自転車で、 浜辺へ行く前に買い物や食事に立ち寄る海岸周辺のスポットなどを紹介する写真日記。

東京都
・東京都港区台場

お台場海浜公園(ゆりかもめ「お台場海浜公園前」駅)2004.1.9

お台場海浜公園で凧上げ


「暮れのお台場の風物詩」

12/30 快晴。弱い風。

オフショア。
とか言ってみたかっただけですが。オフショアというほどでもなく、ほとんど無風に近いコンディションでした。お台場でショアも何も、ねえ。

壁紙用にすでに用意していた写真が以前使用していたカメラだったため、画質が厳しいなと思い、現在使っているカメラで改めて撮り直しにきました。ここに来るのは、大体半年ぶりくらいです。

普段の休日などは人でごった返す事が当たり前のお台場海浜公園ですが、この日は、もうさすがに人もまばらで、かえって殺風景な感じすらしました。無風に近い穏やかな天気で幸いでした。

ちょうど東京ビッグサイトでは冬コミが開催されていたので、浜松町から都営バス「虹01」系統に乗車する客の9割というか、ほとんど自分を除いたすべて、に近い人たちがこの冬コミの客でした。冬コミというのは、冬のコミックマーケットの事で、夏もあります。行った事はありません。アニメや漫画が好きな人が大挙して集うイベントです。暮れのお台場の風物詩です。


お台場海浜公園のウミネコ


「ウミネコとカモメは違う」

そう。正直、自分は「カモメ」と「ウミネコ」の区別がつけられないまま、29年も生きてきました。周りの人の会話から、撮影途中にようやく目の前の「カモメ」だと思っていた鳥類が「ウミネコ」だと気がついたほどです。こうなってくると、千葉の海浜幕張で見たのがカモメだったかウミネコだったか、本格的に判らなくなってきましたが、それはまあどうにかなると思うのです。

お台場海浜公園からレインボウブリッジ


「思わず、凧上げに興じる」

それはともかく、まずは砂浜を歩いてみました。凧、を上げているのを見るのは本当に久しぶりです。海岸では比較的頻繁に見る事ができる光景なのですが、凧上げという遊び自体、なくなりつつあるなと感じます。上げていたのはおじいさんでした。声をかけられたので、しばし談笑する事にしました。この方は(写真一番上の右下の人物)、いつもお台場にいるわけではなくて、普段は多摩川沿いで凧を上げているそうです。今日はまあ、たまたま来たんでしょうね。たまたま。

「最近のカメラは随分と小さくなった」話だとか「何処から来た」だとか話ながら、自分もちょっと凧を上げさせてもらったりなんかしちゃいました。「風があまり吹いてないから、油断してると落ちちゃう」なんて話をしていた割には、随分と高いとこまで上がってしまって、こういう時ってちょっと不安になります。「そんなつもりじゃなかった」風な不安に満ちてきます。人の凧なんか迂闊に上げたりするもんじゃないな、などと取りかえしのつかない事を考えながらも、おじいさんから振られる話にダラダラと答え続けました。

ところが、「もう、最近じゃ、なかなか凧上げてる風景って、町中では見られなくなりましたもんねえ」などと漠然とした話をこちらから振ると逆に何も答えてくれなかったりして、結構面白い人なんですね、おじいちゃん!とか思いました。まあ、そんな話は散々してるからだろうなとは思いましたけど。おじいさんに凧を返して、こっちが目を反らして違う場所に気をとられていると、何故か上手い具合に凧が落ちかけてたりして「ほら凧が落ちてきちゃうんだ」などと、何かとネタふりが巧いおじいさんだったのです。ま、運よく向こうから家族連れが近付いてきてくれたので、タイミングを見計らって離れました。そろそろ写真撮らないといけないし。


お台場海浜公園のボードウォーク


「お台場を歩く」

気温自体は結構低くて、そのせいもあって、カメラのバッテリーの減り方も早かった。案の定、電池が切れてしまったので、一旦公園の後ろにあるアクアシティお台場へ入って、電池を買ってくる事にしました。アクアシティお台場というのは、3階立のショッピングモールで、中にはいろんなテナントが入っています。ただ、GAPやスタバなど、ありきたりです。

お台場海浜公園のテラスにて


「電池を買いにアクアシティお台場へ」

とりあえず、「なんとなくありそう」という根拠のない理由で、ソニープラザへ向かいました。しかし、入ってみたら売ってなかったので困ったのですが、意外にも1階入り口そばにコンビニがありました。デジカメ用の電池は決して安くはないんですが、気温も低かったので、電池の減りが気になるところではありましたから、買っていきました。再び海浜公園へ行くには1階からだとやや不便なので、一度3階まで上がるといいんじゃないかと思います。

3階からデッキの方へ出ると、自由の女神像があります。ただ、あんまりにもベタ過ぎて写真を撮るまでには至らなかったですね。


お台場海浜公園


「お台場海浜公園の印象」

「お台場海浜公園前」という停留所で下車して、DECKSお台場というビルの横を抜けるとお台場海浜公園なのですが、どことなく湘南の片瀬西浜から鵠沼あたりまでの国道134号線の雰囲気をイメージした作りになっているような気がするのは自分だけでしょうか?

お台場海浜公園のブイに並ぶウミネコたち


「ジャック&ペティ」

この近辺には、とても自意識過剰なばかりのバイクが沢山並んでいて、今にもリーゼントの彼とポニーテールの彼女たちがダンスパーティでも始めそうな、ものすごいフカシを感じさせるものがあります。しかし、悲しい事に、その多くは放置バイクで、ものの見事に駐車禁止のはり紙を貼られています。この中途半端なハッタリ加減にお台場の底の浅さを見い出してしまう方もいるかもしれません。なのに、週末になると、お台場海浜公園のウッドデッキには、プライベートなスペースなど存在しないほど、人が座ってしまうのです。その向こうに見える景色といえばレインボウブリッジだけ、なのですが・・・。

お台場海浜公園


「人工から本物を見い出す、といふ作業。」

所詮、人工で造られたもの、造花は造花でしかない。でも、人工のものから本物を見い出す事ができるんじゃないだろうか? そんな事を文学を通じて試みた作家がかつていました。一時はそんな考えに看過されて葛西臨海公園などへ足を運んで、あえて人工のものから目を反らさずに写真を撮り歩いてきました。しかし、三島由紀夫様、今なら言えます。「それはちょっとキツイ」。

お台場海浜公園


「お台場の粋とは何か?」

クリエイティブな世界でも、デジタルを突き詰めるとアナログへ向かう、というのはありますが、こういうのは、たくあんを卵焼きと思って花見を楽しめるだけの粋がないと正直厳しいと感じます。お台場に粋があるのか? そこらへんは大事じゃないかと思います。東京人としては、特に。そんなことで、とりあえずもう一度海浜公園へ戻って、撮影を再開しました。正午くらいはほとんど人がいなかったのですが、2時過ぎくらいになると徐々に増えてきました。ちなみに、ここの売店などではウミネコ用の餌(パンの耳?)が売っていて、餌付けやり放題です。沢山集まってきても安心して見ていられるところは、とてもいいですね。

and more?

「このページで紹介されているスポットの情報や写真など」
*画像への直接リンクはレンタルサーバへの負荷に繋がるので、自重願います。
*欲しい写真があった場合は右クリック(win)/長押し(mac)してダウンロードしてください。
*オリジナルサイズの写真がほしい人は掲示板かメールでリクエストしてください。
*加工は自由ですが、無許可による二次配布は禁止させてもらってます。
*サイトトップかこのページへのリンクを付記してくれれば好きに紹介してくれて構いません。
*スポットに関する情報のリンク先へは、このサイトに関する問い合わせをしないようお願いします。
*このページに記載されている情報は、散歩した期日現在のものです。
*関東地方の海沿い以外の地域の情報はありません。
*このサイトに掲載されているすべての写真は照乃芯に著作権があります。
*あそこのお店の情報がもっと欲しいというリクエストは、掲示板かメールにて。
*もし、内容に不備があれば、メールにてご一報ください。
 
[one day ticket to love]  2001-2004  terunoshin all rights reserved