photo gallery logo
onedaytickettolove site logo
海岸散歩ポトポタロゴ
library

←←ポトポタのトップページへ戻る

神奈川県
江ノ島神社〜片瀬西浜〜鵠沼新着!
二宮袖ヶ浦海岸
国府津駅前〜海岸
小動岬〜腰越漁港〜片瀬海岸
北鎌倉・明月院〜東慶寺
極楽寺・成就院〜長谷〜由比ガ浜
稲村ガ崎3丁目・音無橋近辺
茅ヶ崎サザンビーチ・湘南祭'04
デニーズ葉山森戸店〜旭屋牛肉店
〜桜山トンネル

秋谷港〜秋谷の立石〜マーロウ
鶴岡八幡宮/第46回鎌倉まつり
腰越/満福寺・義経慰霊祭
茅ヶ崎サザンビーチ〜辻堂
鎌倉高校前・あすなろ〜腰越漁港
逗子海岸〜サブマリン・ドッグ
段葛〜若宮大路〜由比ガ浜〜材木座
稲村ガ崎・MAHALO DELI〜七里ガ浜
江の島サムエル・コッキング苑
境川/
第18回江の島ドラゴンボートレース


千葉県
稲毛海岸〜検見川浜/後編
稲毛海岸〜検見川浜/前編
保田海岸〜上総湊海岸
上総興津海岸〜おきつトンネル
〜守谷海岸


東京都
若洲海浜公園
お台場海浜公園
夢の島マリーナ

menu footer
矢印徒歩や自転車で、 浜辺へ行く前に買い物や食事に立ち寄る海岸周辺のスポットなどを紹介する写真日記。

神奈川県
・神奈川県鎌倉市雪ノ下

鶴岡八幡宮/第46回鎌倉まつり(横須賀線・江ノ電「鎌倉」駅)2004.4.18

鎌倉小町通りの豚まん


「第46回鎌倉まつり」

4/18 晴れ。微風。

昨日の腰越満福寺・義経慰霊祭から一夜。驚くほどの快晴に恵まれました。渋谷行きのバスに乗り、横浜〜鎌倉というルートで、今日は第46回鎌倉まつりを見にきました。この祭りは11日から開催されていますが、今日18日が最終日。鶴岡八幡宮で流鏑馬(やぶさめ)が見られるとあって、楽しみにやってきた次第です。

横浜駅が改装されて、東横線から横須賀線に乗り換えるのが少々面倒になったなと思いつつ、鎌倉駅に着いた照乃芯は、小町通りへ。入り口から100メートルほどは、どうしようもないくらいの混み具合。紅芋アイスクリームを持った人の手が、自分の首から下げているカメラに当たらないか心配でした。


鎌倉の人力車


「小町通りを往く」

食事を摂ってなかったので、どこか適当にカフェに入ろうかとも思ったのですが(この通りは路地にカフェが沢山ありますよね)、流鏑馬の開催時刻が気になっていたので、「鎌倉まめや」で豆の試食サンプルを幾つか頬張って我慢しました(買わなかったんです。ごめんなさい)。途中、ピロシキやクレープ、豚まんなどの誘惑もありましたが、鶴岡八幡宮に行けば出店があると決め込んだので、ここは「意思」を固く。


「石ころ館」の辺りまで来ると、さすがに通りも空いてきます。もうすっかり桜も散って、ツツジが綺麗な時期になりましたが、葉桜の青々とした美しさも照乃芯はとても好きなんです。爽やかな風に揺れる青のグラデーションの隙間からは、マイナスイオンの動きがはっきりと判ります(大嘘です)。


鎌倉街道の風景


「葉桜の下で」

「石ころ館」の辺りまで来ると、さすがに通りも空いてきます。もうすっかり桜も散って、ツツジが綺麗な時期になりましたが、葉桜の青々とした美しさも照乃芯はとても好きなんです。爽やかな風に揺れる青のグラデーションの隙間からは、マイナスイオンの動きがはっきりと判ります(大嘘です)。

お馴染みの人力車も見かけましたが、鎌倉にはやっぱり人力車が似合います。でも、今日の暑さは昨日の暑さを更に上まっていたようです・・・。大変な肉体労働。倒れないで頑張ってくださいね。ところで、人力車を引っ張る人というのは、なんていう肩書きなんでしょうかね。車夫? まさか運転手じゃないですよね・・・?

鶴岡八幡宮前の信号は、人で溢れかえっていました。聞くところによると、この日は3万人の人出だったそうです。

ひとまず、段葛で壁紙用の写真を撮り、信号を渡って、鶴岡八幡宮へ入りました。


鶴岡八幡宮の流鏑馬


「流鏑馬馬場にて」

観光地というのもあるだろうし、鎌倉まつりということもあるでしょうが、この日の鶴岡八幡宮は国際色豊かな賑わいでした。すでに場所とりをしていた人もいるようで、流鏑馬の行われる馬場前には人だかり。どのようにして写真を撮ろうか、しばらく思案が必要でした・・・。

周囲を見渡すと、やはりカメラを頭上へ掲げている人が目立ちました。ただ、液晶パネルで確認しながら撮りたいところですから、もう一工夫。


鶴岡八幡宮の流鏑馬


「的を射た構図を求めて」

周囲を見渡すと、やはりカメラを頭上へ掲げている人が目立ちました。ただ、液晶パネルで確認しながら撮りたいところですから、もう一工夫。

幸い、愛用するC-5050Zの液晶パネルは本体から離してある程度回転させる事ができるので、液晶パネルを真上へ回転させた後、カメラ本体を上下逆さまにし、シャッターボタンが左手親指の下にくるような状態で撮影する事に決めました。右の写真がそれです。175センチの照乃芯では考えられない高さからの撮影となったのは、こういうカラクリだったのです。

ただ、この場所からはどうも、意図した構図は得られそうになかったので、右脇の茂込みを潜って、場所替えをしてみました。葉が首に絡まってチクチク痛かったのですが、しばし我慢。馬場右からやってくるのをアナウンスで確認しながら、ジっと構える。・・・前にいた男性がこちらを振り返る。しまった・・・、フラッシュを「オート発光」にしたままでした。フラッシュは禁止なのです。設定を直して、再度挑戦。・・・カシャ、・・・カシャ、嗚呼。

結局、まともなのが一枚もなかったのですが、それでも何とかフレームに写っていたものから一点、掲載する事にしました。もちろん、これもまた失敗作ではあるんですが。場所からして、少々無理があったのか。


鶴岡八幡宮


「鶴岡八幡宮を後にして」

いつのまにか電池が切れてしまった時点で、今日のところはお開き。新しい電池に交換して、壁紙用の写真を何枚か撮った後、予定していた由比ガ浜へは寄らずに、少し早めの帰宅をする事にしました。夕方に、注文していた新しいプリンタが届く事になっていたのを思い出したからです。

鶴岡八幡宮・源氏池


「海ではない湘南を、また」

いつのまにか電池が切れてしまった時点で、今日のところはお開き。新しい電池に交換して、壁紙用の写真を何枚か撮った後、予定していた由比ガ浜へは寄らずに、少し早めの帰宅をする事にしました。夕方に、注文していた新しいプリンタが届く事になっていたのを思い出したからです。

それにしても、すっかり疲れてしまいました。人の多さに舞い上がってしまったのでしょうか。渋谷生まれで渋谷育ちのくせに、何を言ってるんでしょうねえ。首からカメラを下げっぱなしにしていると肩と首が凝るんです。来年はきっと、という思いを残しつつ、今回はこの辺にて。「海ではない湘南」シリーズでした。またやりたいと思います。


and more?

「このページで紹介されているスポットの情報や写真など」
*画像への直接リンクはレンタルサーバへの負荷に繋がるので、自重願います。
*欲しい写真があった場合は右クリック(win)/長押し(mac)してダウンロードしてください。
*オリジナルサイズの写真がほしい人は掲示板かメールでリクエストしてください。
*加工は自由ですが、無許可による二次配布は禁止させてもらってます。
*サイトトップかこのページへのリンクを付記してくれれば好きに紹介してくれて構いません。
*スポットに関する情報のリンク先へは、このサイトに関する問い合わせをしないようお願いします。
*このページに記載されている情報は、散歩した期日現在のものです。
*関東地方の海沿い以外の地域の情報はありません。
*このサイトに掲載されているすべての写真は照乃芯に著作権があります。
*あそこのお店の情報がもっと欲しいというリクエストは、掲示板かメールにて。
*もし、内容に不備があれば、メールにてご一報ください。
 
[one day ticket to love]  2001-2004  terunoshin all rights reserved